読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本作は毎シーズンで異なる革新者に焦点を当てるアンソロジードラマで

米ABCの大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)でジョージを演じていたT・R・ナイトが、ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルが初めて手掛けるオリジナルシリーズ『Genius: Einstein(原題)』に出演することが分かった。米The Hollywood Reporterが報じている。

本作は毎シーズンで異なる革新者に焦点を当てるアンソロジードラマで、その初回にアインシュタインを取り上げる。シーズン1はウォルター・アイザックソンによるアインシュタインの伝記「アインシュタイン その生涯と宇宙(原題 Einstein: His Life and Universe)」がベースとなり、想像力に富み、反抗的だった特許庁職員が原子と宇宙の謎を解き明かした過程を描く。各回でアインシュタインの気まぐれで複雑な人間関係と、科学における彼の業績を深く掘り下げていく。http://www.chachina.net/?pid=30192 http://www.chachina.net/?pid=30191

T・Rはアメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官J・エドガー・フーヴァー役を演じるという。当時のFBIはフーヴァーの指揮の下、アインシュタインを"アメリカを破滅に追い込む秘密の共産主義者"だとみなし、そのことを証明するため彼に関する膨大な量の資料を集めていた。フーヴァーは1924年から1972年までの48年間にわたって8人の大統領に仕えてきた人物で、個人的な恨みも含め米国政府の面目をつぶしたアインシュタインを追い込むことに身を入れていた。…

共演者はアインシュタイン役のジェフリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)のほか、エミリー・ワトソン(『博士と彼女のセオリー』)、ヴィンセント・カーシーザー(『MAD MEN』)、セス・ガベル(『FRINGE/フリンジ』)。製作総指揮はブライアン・グレイザー(『Empire 成功の代償』)とロン・ハワード(『24 -TWENTY FOUR-』)で、ハワードは本作で初めてTVシリーズの監督を務めるhttp://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5489

過去にフーヴァーを演じてきた俳優は多く、レオナルド・ディカプリオが2011年の『J・エドガー』で、ボブ・ホスキンスが1995年の『ニクソン』で、ビリー・クラダップが2009年の『パブリック・エネミーズ』で、ディラン・ベイカーが2014年の『グローリー/明日への更新』で、スティーヴン・ルートが昨年米HBOで放送されたTV映画『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』で演じた。(海外ドラマNAVI)

今回、Pepperフレンド免許証が欲しいと声を上げてくれたのは

今回、Pepperフレンド免許証が欲しいと声を上げてくれたのは、モデル・一戸加奈さんの娘の楓菜ちゃん(6歳)。雲ひとつない爽やかな冬晴れとなった当日、以前にもPepperと遊んだことがあるという楓菜ちゃんは、またPepperに会えると聞いてウキウキの足取りで東京・葛飾区の日産レディー・ファースト ショップ「葛飾金町店」に到着した。

 清潔感あふれるカフェのような明るい店内に入った楓菜ちゃんは、お客さんを待ちかまえるPepperを見つけると、ママと一緒に一目散にPepperのもとへ向かった。するとPepperも楓菜ちゃんを見つけて近寄ってきて、「いらっしゃいませ!日産のお店にお越しいただきありがとうございます。Pepperです!」とご挨拶。

    日産レディー・ファースト ショップに入ると、さっそくPepperがお出迎え

    「ノリツッコミクイズ」で遊んでから、Pepperフレンド免許証に挑戦してみる!http://minkara.carview.co.jp/userid/2755514/blog/39300451/ http://minkara.carview.co.jp/userid/2755514/blog/39300461/

 満面の笑みを浮かべる楓菜ちゃんは、さっそくPepperに声をかけながらメニューが並ぶパネルを触ってみる。そのなかでもまず気になったのが「まちがったらノリツッコミクイズ」。クイズの答えを間違えるとPepperがノリツッコミをしてくれて、そのたびに大爆笑。まるで子ども同士で遊んでいるように、あっという間に親交を深めていった。リアクション豊かなPepperは、子どもたちにとっては格好の遊び相手のようだ。

 すっかり仲良くなったところで、Pepperフレンド免許証を作ることに。アプリを起動すると、まずは免許証に使用する写真撮影からスタート。楓菜ちゃんはPepperがシャッターを切るのに合わせてにっこり笑ってポーズ。写真が表示されて「これでいいですか?」とPepperに聞かれると、なかなか決められず、なんどか撮り直して「これ!」と満足の一枚で決定! さらにママのサポートのもと、免許証に表示されるニックネームを入力すると、いよいよ免許試験(クイズ)開始http://fhaoeruoiar.asks.jp/519.html http://fhaoeruoiar.asks.jp/312.html


 免許試験では、交通ルールに関するクイズが5問出題され、正解数によって「ゴールド免許証」「シルバー免許証」「ブロンズ免許証」のいずれかを取得できる。「ゴールド免許証をとる!」と意気込む楓菜ちゃんは、「自転車に乗るときに被るのは?」「正しい信号は?」など、次々と正解! 正解の音楽が鳴るたびに「やったー!」とはしゃいでいる。


 Pepperとクイズをしながら、楽しく交通ルールも学べてしまうというわけだ。しかし、ラストに「クルマのナンバープレートで使われていないひらがなは?」という難題が! 結果、4問正解で「シルバー免許証」を取得。楓菜ちゃんは全問正解できなかったことを悔しがっていたが、「またこんどやる!」と笑顔。ママのスマートフォンQRコードを読み取り、実際に送られてきたPepperフレンド免許証を確認すると、大満足の様子だった。

女優の水川あさみ(33)が1年ぶりにドラマに“復帰”する

女優の水川あさみ(33)が1年ぶりにドラマに“復帰”する。4月スタートのフジテレビ系の連ドラ「人は見た目が100パーセント」(木曜夜10時)に出演予定で、女子力ゼロの“理系女子(リケジョ)”を演じるという。主演は桐谷美玲で、水川はその同僚役だ。

 水川は昨年4月に、デビュー以来17年間にわたって所属した事務所から独立。ドラマの出演は昨年3月が最後で、映画は昨年8月に公開された「後妻業の女」のみ。独立前は“演技派”としてテレビや映画に引っ張りだこだったが、独立後は露出が激減していた。http://lang-8.com/1824446/journals/291032403227416428680288474060222288655 http://lang-8.com/1824446/journals/91174093027814188236840233018812649168

「独立にあたっては、元モデルの水川の母親が、マネジメントに口を出してきたとのウワサもあった。当時、前事務所の後輩の大東駿介との交際も報じられていて、ゴールイン間近とも言われた。いろいろ“いわくつき”の独立だったんです」(女性誌記者)

 ドラマは製紙会社の研究員の女子3人が、女子力を取り戻すべく、美容やファッションなどの「美の特別研究所」を始めるという物語。まだ3人目のリケジョ役は発表されていない。ダメダメな女子3人組――何やら設定は、現在放送中で高視聴率をキープしている日テレ「タラレバ娘」に似ている気もするのだが……。

http://fhaoeruoiar.otemo-yan.net/e1024315.html http://fhaoeruoiar.otemo-yan.net/e1024317.html 「独立から1年、水川としては満を持してのテレビ出演でしょう。桐谷の“2番手”ですが、全力で演じてくると思います。水川の事務所は個人事務所。もし、数字が悪ければ、今後の出演が危うくなる。長年お世話になった事務所を割って飛び出しただけに、後には引けないのです」(放送関係者)

激しい腰つき…「EMMA」で見せる刺激的なNEWS

激しい腰つき…「EMMA」で見せる刺激的なNEWS

NEWSの21枚目のシングル『EMMA』がリリースされた。現在放送中のドラマ「嫌われる勇気」(フジテレビ系/毎週木曜よる10時〜)のオープニングテーマにもなっている。
楽曲は、年始にかけて放送された「CDTVスペシャル!年越しライブ2016-2017」(TBS系)で披露しており、やっと発売されたというのが本音。

タイトルにもなっているEMMAとは女の子の名前で、彼女に思いを寄せる男心、一夜の物語が描かれている。
ちなみに、Amazonの楽曲紹介にはこんな文言が並ぶ。http://kokutch.tomiryu.com/pr/fhaoeruoiar/5726.html http://kokutch.tomiryu.com/pr/fhaoeruoiar/5727.html
「アメリカンハードボイルドな世界観と、セクシャルな大人の色気が混ざりあう恋の物語。圧倒的に激しく、圧倒的にキャッチーな、史上最強アッパーソング。NEWSの表現とチャレンジが詰まった、ファンタスティックな1曲」
Amazonより引用)
ハードボイルドでセクシャル、キャッチーでアッパーでファンタスティック……ってバグですか? 何がどうなっているのかツッコミたくなるけれど、言ってしまえばこの通りかも。

まず、MV。モノクロ映像からスタートし、EMMAのネイルや唇の朱色だけがカラーで映し出される。
胸元がガバっと開いたジャケットやシャツを着た4人。長めのネックレスが視線を胸元へと誘う。特に小山は、ニュースキャスターとしても活動しているので、真面目なキャスターの意外な一面を見てしまった気分になる。群を抜いてエロい。
『KAGUYA』でも着物姿のセクシーなNEWSを見たけれど、おとぎ話のような世界観だったこともありファンタジー色が強かった。今回は打って変わって、もしかしたらプライベートもこんな感じなのでは…という生々しさがある。

柱を下から撫で、ダーツに刺さった2本の矢を愛おしそうにみつめる小山、ギターを抱きかかえて座り込む加藤、無防備にビリヤード台に横たわる手越、増田の腰には刺繍入りのストールが巻き付けてある。
ピストルを表しているのか、親指、人差し指と中指をまっすぐに立てた手。…

http://tab.do/items/25711516 http://tab.do/items/25712247

運命から逃げずに立ち向かうためにはどうしたらいいのかちゃんと考えてください」

運命から逃げずに立ち向かうためにはどうしたらいいのかちゃんと考えてください」

さくら(井頭愛海)が豹変。
「泣いても笑ってもこの子には五月さんしかおらんのよ。がんばって」
「愚痴を言うてどうするの。どんなでもいから ちゃんと答を出してください。
運命から逃げずに立ち向かうためにはどうしたらいいのかちゃんと考えてください」http://diary.motekawa.jp/u/?id=fhaoeruoiar http://www.sun-marche.com/post/entry/4086
突如としてしっかり者になって、↑こんな台詞で、惑う五月や二郎を励ます。「どんなでもいいから」っていうのがツボ。

赤ちゃんのお人形を抱いているときや赤ちゃんの漫画を描いたときのさくらの笑顔が良くて、もうすっかり生きる楽しさを見出した様子で、観ているほうも笑顔に。
とはいえ、あんなに大騒ぎしたのに、と釈然としない人の気持ちもわかる。

二郎の決断

いよいよ東京へ、という日に、弟(耕四郎)がやってきて「父ちゃんがおらんようになった。助けてや。東京なんかに行かんとって」とすがりつく。
「くっそ・・なんでこうなるんや・・・」と悔しい気持ちになりながらも、さくらに発破をかけられて、
「東京に行くのはやめた」
「わしは自分を必要としてくれる場所で愛する人と生きたい」
「音楽なんてどこででもできる。そやけど五月は神戸にしかおらん」
「これからはわしがいる。おまえの隣にずっと」
「五月、うちといっしょに生きてくれ」
 などと情熱的な台詞の連打で(さすがドラマー)、ハッピーエンドに。http://www.sun-marche.com/post/entry/4085 http://cotobaco.com/fhaoeruoiar/
 でも五月が二郎と結婚したら、二郎の家族の面倒も見ないといけなくなるかと思うと、必ずしも幸せとは限らないだろう。

耕四郎役の三輪虎太郎は2002年9月生まれの14歳。なかなか迫真の演技をしていた。たぶん、ヨーソローのセットの遠くから走って中に入るように指導されていると思う。

女たちのがんばり

ひとりで子供を生んで育てることが心細くなった五月に、すみれや良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)、明美(谷村美月)たちが口々に励ますシーンは、「べっぴんさん」の真骨頂だ。
「私たちが子供を生んだときは戦時中でみんなひとりやったもん」「旦那さんがいなかった。